甘いトマトはダイエットに不向き

甘いトマトはダイエットに不向きです

普通のトマトは、100グラムあたりの糖質の量は3から4グラム程なので、サラダや煮込み料理に使っても、それほど気にしなくて大丈夫ですが、「桃太郎」のような甘いトマトは、糖質が多いため、量を控えめにするほうがいいでしょう。

 

糖質を食べることで、肥満ホルモンが出る

ここで出てきた、「糖質」について、ダイエットとの関係を説明します。

 

インスリンをご存知でしょうか。
これは、生きるために欠かすことの出来ない大切なホルモンのひとつで、さまざまな働きがあります。
その中で最も重要なものは、血液中のブドウ糖、つまり血糖をエネルギーとして使えるようにすることです。

 

このように、とても大切なものですが、インスリンが極端に多く出すぎてしまうことは、困った点があります。

 

このインスリンには、体に脂肪をためる働きもあり、毎日これが大量に出るような生活を繰り返していると、どんどん太っていきます。
このインスリンがたくさん出るのは、「糖質」を食べたときだけなんです。

 

そのため、糖質をとりすぎることは肥満に繋がってしまうので、注意が必要です。

 

トマトジュースと糖質

また、トマトジュースについても、気になる点があります。
日本で代表的なメーカーの商品では、100グラムあたりの糖質は5グラム程度で、それほど高くはありません。

 

ただ、ジュースでは一気に飲んでしまうことが多いものです。
そして、トマトジュースは液体のために糖質の吸収がはやく、肥満の原因になる可能性も高いため、控えておくほうが無難だと考えられます。

ダイエットに甘いトマトは注意関連ページ

リコピンの効能