有酸素運動でダイエットをすることは大変

有酸素運動で痩せるのは大変

有酸素運動、これは、脂肪を燃焼するための運動としては王道的なものです。
有酸素運動は、体の中のエネルギーを酸素を使って消費する運動のことをいいます。

 

これは、長時間続けてできる、きつくない運動ほど、効率は高くなります。
その反対で、短い時間しか出来ない、きつい運動は、無酸素運動に分類されます。

 

有酸素運動は、水泳やランニングといったような運動の種類で決められるものではなく、運動のきつさと時間により、その運動が有酸素性が高いのか、無酸素性が高いのかを決めます。

 

例えば、ウォーキングとランニングなら、ウォーキングのほうがきつさは弱く、ランニングと比べると長時間できるため、より有酸素性が高い、ということです。

 

例えば、普段運動をしていない人が、ランニングを急に行って、息を切らしながら走ることは、酸素が足りない状態のために、無酸素運動といえます。
このような状態では、長く運動は出来ません。
運動を長時間したければ、息切れしないで運動するほうが持続できます。

 

有酸素運動を効率的にするためには、息切れしない程度の運動を行うことが必要です。

 

ですが、ここに問題があります。
有酸素運動は脂肪燃焼の効果が期待できる、と考えてしまいますが、あくまでも脂肪燃焼に対して効率が上がる、と言うことです。
長時間の運動は可能ですが、きつくない運動なら、運動の量については少なくなってしまいます。

 

有酸素運動は体脂肪を燃やす、とされていますが、燃焼している半分は糖質、と言われています。
消費カロリーの半分が糖質で、残りの半分が体脂肪です。

 

ウォーキングのほうがランニングとくらべて脂肪燃焼の効率は高くなりますが、運動の量は下がってしまいます。
ウォーキングの消費カロリーはランニングの半分、とされていますから、いくらウォーキングが体脂肪を効率的に燃焼している、といっても、ランニングの倍、時間をかけなければ、ランニングと比べて体脂肪を燃やしている、とはいえない、という事になってしまいます。

 

有酸素運動だけでは、消費するカロリーが少ないため、痩せる目的を果たすことがかなり難しいものになってしまいます。

 

ただ、すぐ痩せたいと思って、きつい運動をしてしまったりすると、食の欲求が大きくなって、リバウンドしやすくなります。