果物を食べると太ります

果物は、太る原因に!

勘違いされていることが多いんですが、じつは、果物は太りやすい食材なんです。
これは、果物に多く含まれている果糖が主な原因です。

 

果糖というものは、血液中のブドウ糖をあまり増やすことはありません。
そのため、インスリンという肥満の原因になるものをほとんど出させることがないんです。

 

だから、果物は太らない、と間違えている人がいますが、実はそうではないんです。
むしろ、ブドウ糖よりも果糖は太りやすいのです。

 

その原因は、ブドウ糖よりも果糖のほうが中性脂肪に変わりやすいためなんです。
この中性脂肪というものは、体内に蓄えられる脂肪の元になるもの、と考えてください。
中性脂肪に変わりやすい、と言うことは、肥満の原因になります。

 

GIが低い果物は、太りにくいと思い込んでしまうんですが、低GIでもブドウ糖より太りやすい、といえるんです。
だから、果物は意外と太りやすいんです。

 

さらに、果物には果糖だけでなく、砂糖の主な成分であるショ糖、そしてブドウ糖も多いんです。

 

ただし、多くの果物では水分の割合も高いために、大量に食べなければ、たいした問題にはならないんです。
食後のデザートに、りんごやイチゴを少し食べる程度なら、問題ありません。

 

ドライフルーツは禁物

生の果物なら、少しの量は大丈夫ですが、ドライフルーツは食べないほうがいいでしょう。
同じ果物でも、糖質の割合が非常に高くなってしまうからです。

 

水分を飛ばすと、重さに対する糖質の割合が増えてしまいます。
それは、10倍程度にもなるんです。
つまり、同じ量を食べてもドライフルーツの場合では、その10倍の生の果物を食べたことになってしまうんです。

 

ビタミンがたくさん含まれている、と言う面では、果物は美容にいいのかもしれませんが、減量、ということについて考えた時にはマイナスになる要素が大きく、ほどほどにしたほうが良いです。