筋肉量が増えても痩せるとは限らない

筋肉の基礎代謝量は意外と低いことが判明

基礎代謝と言う言葉、きいたことがありますよね。
ダイエット業界では、最近良く耳にします。

 

この「基礎代謝」は、何もしなくても、1日のうちに消費されるエネルギーの事を指します。

 

筋トレをすることで筋肉の量を増やせば、この基礎代謝を増やすことが出来て、全く同じ暮らしをしていても痩せやすい体になる、と言うことがいわれています。
これは、正解と言えますが、このことばかりを信用しすぎると、あまり良くないです。

 

もちろん、基礎代謝を上げて効果を出している人もいるでしょう。
他のダイエットにあわせて、基礎代謝量をあげる運動をプラスすることはいいと思いますが、これだけを頑張って痩せよう、とする事は、難しいことだと思います。
昔は、基礎代謝量というものは、筋肉が40パーセント、残りの60パーセントが内臓、とされていました。
内臓を意識して動かすことは不可能なので、基礎代謝量のうちの40パーセントが動かせるなら、基礎代謝の量を効率的に増やせて、ダイエットに効果的だ、と言われていました。
ところが、最新の研究によると、「わずか18パーセントが、基礎代謝の筋肉の割合」というものに変化しています。
そして内臓が占める割合は、80%となり、基礎代謝のうちのほとんどが、内臓が行うものだ、と言うことです。

 

このように、基礎代謝を上げることは、ダイエットにはあまり向かない、と言えます。
基礎代謝量を上げたとしても、何もしなくても痩せやすくなる、と言うことはない、と言えます。

 

これを考えれば、筋肉を鍛えるよりも、内臓の機能を高めることに力を入れたほうがいい、と言えるでしょうし、食事について現状を改善していくほうが、無理のないダイエットができるのではないでしょうか。