痩せるための外食

減量と外食

ランチで困ること

減量をする時に困るのが、昼食です。
お仕事をされている方、そして学生の方などは、どうしても外で食べることになります。

 

自宅で食べる時とは違って、好きなものを選ぶことが困難です。

 

コンビニで買うなら、例えばおでんなら、こんにゃくや卵、またサラダなどを選べば比較的安心です。
ただ、おでんのスープは飲まないようにしましょう。
また、サラダの中でもポテトサラダ、マカロニサラダは太る原因を作ってしまうため、避けましょう。

 

近くにコンビニなども無い場合には、一番いいのがやはり自分でお弁当を用意することでしょう。

 

夕食について

和食は比較的カロリーが少ない、と思われていますが、実は中には太りやすいものもあるんです。
その原因は「砂糖」。
フランス料理やイタリア料理はあまり砂糖を使うことはないんですが、日本料理には煮魚や煮物、照り焼きなどでかなりの砂糖を使うんです。

 

和食を夕食で食べるなら、刺身や、塩で味付けをした焼き物などにしましょう。
魚、そして鶏などでも、塩焼きを選んでください。

 

和食の中で一番ダイエット向きなのは、鍋物だと言えるでしょう。
ただ、ポン酢はつけすぎないようにしましょう。

 

日本食で砂糖が多くなるのは、味付けの時です。
高級料亭などでは、凝った味付けをするため、あらゆる物に砂糖を使っています。

 

居酒屋はシンプルな味付けが多く、砂糖を心配する必要が無いメニューが豊富で、便利です。